ラーメン屋年収を詳しく解説

ラーメン屋の年収に興味がある方のための役立つ情報を紹介

ラーメン屋の年収の平均推移は480万円~3000万円でした!

ラーメン屋の年収の平均は800万円前後でした。(口コミ調べ)
ラーメン屋は、立地や開業等の条件などによりその年収はさまざまで、違いがあります。また、自分一人とフランチャイズでも原価価格に差が生じ、その年収に開きが出ます。
しかしそのどちらでも、常に客が座っている状況が作り出せれば、ラーメン屋は他の飲食業と違い客の回転率が速いので成功といえます。
もちろん給料も大きくなります。
例えば1杯700円のラーメンを提供の場合、1日の仕込み2時間、営業は昼と夜の各3時間で労働8時間の場合、1日100杯として材料費35%や家賃、ガス電気水道代経費を引けば850万程度の年収は推定見込めます。
しかし、資金借入れ、バイト等雇用があった場合その中からまた返済や人件費が支出されます。
よってラーメン屋の年収や給料には大きな差が出ます。
平均年収推移は480万円~3000万円となっています。
お給料(月収):約18万円前後
【ラーメン屋の仕事内容】
通常は昼夜の営業が一般的です。
仕込み時間に数時間程度、仕込み材料やスープにこだわるともっと時間がかかります。1人、またはアルバイト数名で1日70~100杯程度のラーメンを作りお客さんへ提供します。
■厨房担当、職人
ラーメンはもちろん、おにぎりや味玉などトッピングの材料作りを行います。
■フロアスタッフ
出来あがったラーメンをお客さんへ提供します。その他、レジや店内の掃除、皿洗いなどといったラーメン作り以外のことを任されます。

ラーメン屋の生涯年収

ラーメン屋の生涯年収は上記より計算するとおおよそ3000万円前後となります。(推定)
生涯年収となると、40年くらいは続けての推定となります。(差がありますのでおおよその推定です)
ラーメン屋は浮き沈みの激しい業界です。
現実では40年売り続けることは並大抵のことではありません。
その中にはもちろん運などもありますが、基本的は努力と工夫が必要です。
ラーメン屋を生かすも殺すも客次第です。
美味しくないと食べてくれませんから人気店となる相違工夫は努力が必要です。
ラーメン屋の生涯年収の差は、数百万円から数千万円とかなりの大きな差があります。
人気ラーメン店になればなるほどその生涯年収は大きな数字となっていきます。

スポンサーリンク

ラーメン屋の年収をUPするための方法

ラーメン屋は、マーケテイングで出店の場所を考える必要があります。
強豪店の中で競い合うのも絶対の自信が必要です。
だからといって客足の少ない所では、もともと集客が望めません。
そして大切なのが、オリジナルのスープやチャーシューなどの研究開発です。
美味しくなければ、そのラーメン屋の客は1度きりで、2度とは来ません。
自分のたゆまぬ努力です。
もしおいしいスープを作ることが出来れば、後はフランチャイズ化ということも可能になりますので年収upとしての見込みが上がります。
また、秘伝を弟子となる人たちに教えることで暖簾分けし、上納金で年収upに繋がることもあります。

スポンサーリンク

ラーメン屋になるには?(開業方法や開業資金)

まずは、修業が必要です。
ラーメンの作り方の基本やコツを学ぶところから始まり、スープやチャーシューなどの微妙な旨み味加減はやはりプロの指導が必須となります。
素人がラーメン屋をやりたいと言って、すぐ開業して成功できるわけではありません。
麺の茹で加減、スープの作り方、仕込みのノウハウ、接客等を学びながら、資格も取り開店資金を貯めることです。
すべて借入れでは厳しい状況になった時に続かなくなります。
その後は出店のためのリサーチが必要です。
店舗を構えるためには土地、店舗、客筋、人の流れとうとう考えることは沢山あります。
そして経営者として利益を上げるための計画を立て、店舗を構え出店準備を始めることになります。
【必須資格】
●食品衛生責任者
求人情報の見つけ方:インターネットでの検索で情報を見ることができます。
あるいは地域に密着するミニコミ誌を参考にしましょう。
【開業資金】
●開業資金は金融機関からの借り入れは出来るだけ最小限に抑えます。
あるいはすべて自前で出来る位でないと、開業してから返済に追われると大変です。
初めから客が沢山並べばいいのですが、やってみないと分からないのがラーメン屋なのです。

ラーメン次郎、中本、一蘭などの有名ラーメン店の年収

・ラーメン次郎
  基本的に雇われ店長ではなく店も自分で用意するので、売上が自分の収入。
  人気店になると、売り上げが年収4500万円程と推定されますので、そのうち店長の年収が1500万円を超えると推定できます。
  詳細は出ていませんので、あくまでも推定です。
 
  ・蒙古タンメン中本
  以前テレビでのお話では店長クラスで月収が100万円という事をやっていました。
  そのため店長やその上のマネージメントクラスの年収となると1000万円以上は口コミから推定できそうです。
 
  ・株式会社 一蘭
  昭和35年に創業以来、全国で28店舗、さらにはニューヨークにも現地法人を設立している大手の有名ラーメン店といえます。
  店長候補で月給28万前後、年収はおおよそ300万前後と推定できます。

スポンサーリンク

ラーメン屋の年収の本音

実際に現在働いている方に年収の本音を聞いてみました。

20代 業種フロアスタッフ

年収156万円
  将来はラーメン屋を独立で目指しているので、現在は修行をかねて正社員で働いています。
修行の身でもあるので、今はまだ年収の少ないフロアスタッフですが、将来のために頑張っているところです。

40代 ラーメン店経営

年収328万円
ラーメン店を開業して数年が経ちます。
はじめの3か月は忙しかったのですが、現在は競合店が多くなり、のんびりとした営業スタイルになっています。
ラーメン店は開店も多く、閉店も多い為、数年やれてるだけでもいい方ではないのかと思っています。
年収400万以上を目指して日々、ラーメンの工夫を考えています。

その他職業の年収

▲このページのトップへ戻る